富山水辺の映像祭スフィア2015

公募テーマ 「フォーカス」

審査員 ※敬称略、五十音順
伊東順二 (富山水辺の映像祭総合プロデューサー)
岡本美津子 (東京藝術大学大学院教授)
西島治樹 (メディアアーティスト・富山大学講師)
本木克英 (映画監督)
ヤン・イクチュン (映画監督)
archive
富山水辺の映像祭 2008 サイト
富山水辺の映像祭 2009 サイト
富山水辺の映像祭 2010 サイト
富山水辺の映像祭 2011 サイト
富山水辺の映像祭 2012 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2013 サイト
富山水辺の映像祭スフィア 2014 サイト
富山水辺の映像祭スフィア TOYAMA WATERFRONT FILM FESTIVAL SPHERE
〒930-8510 富山市新桜町7番38号
TEL:076-443-2054 FAX:076-443-2190
E-mail toyamamizube@thinktoyama.jp
Toyama Waterfront Film Festival Sphere 2015

水辺の映像祭2012 受賞作品一覧

富山水辺の映像祭2012講評

【東京大学大学院教授・CGアーティスト 河口洋一郎氏】

今回の作品はグランプリ作品、ゴールドサンダー賞の受賞作品も含め、どれもエコ時代、自然界のエコグリーンというライフイノベーションがとてもよく表現されているという共通性があった。
グランプリ作品「not over」については、ゆったり、まったりなユーモラスな作品に仕上がっていたのは、大変素晴らしかった。
ゴールドサンダー賞の2作品「夜と森」「moving high」についても、森や浜辺などそれぞれ見方がユニークであった。
受賞者の皆さんの今後の活躍に期待したいと思います。

テーマ「地球のタネ」

富山水辺の映像祭 2012

グランプリ

作品名: not over

氏名:太陽企画(株) 早井亨(はやいとおる)
年齢:38 居住地:東京都
作品時間:1分35秒

作品コメント:
いかにCGで美しく広大な自然を表現出来るかという事にこだわった作品です。
1人黙々と大自然の中を突き進む巨大生物。
その正体は? その目的は?

ゴールドサンダー賞

作品名:夜と森

氏名:落合 陽三(おちあい ようぞう)
年齢:23 居住地:埼玉県
作品時間:2分37秒

作品コメント:
夜の森に生きる生物の逞しさ、獰猛さ、そして愛らしさをテーマにし、説明的な文脈で見せるのではなく、子供にも伝わるような感覚的で、音楽を聴くような気分で観る事が出来るアニメーションを目指し制作しました。
制作の手法で重視したのは手描きらしさを、CGを駆使しつつ如何に表現するかという事でした。
手描き絵本(エリック・カールなど)を参考に、コンテやクレヨン、鉛筆、水彩などを用いて、手描き感や素材感を活かしたテクスチャーを制作し、切り絵の様な手法を用いて各キャラクターや背景に張り付け手描き感を表現しました。

作品名:moving high

氏名:坂野 友軌(ばんの ゆうき)
年齢:21 居住地:東京都
作品時間:3分38秒

作品コメント:
夏休みの暇を持て余した大学生が、一昼夜自転車をこぐ、という短編アニメーションです。
自転車旅という題材を通して、現代社会では省かれがちな移動と運動の価値を改めて提示できれば、という思いで作りました。

優秀賞

作品名:大きな樹

氏名:黒木 智輝(くろぎ ともき)
年齢:21
居住地:福岡県

作品名:君への手紙

氏名:馬場 美紀(ばば みき)
年齢:34
居住地:東京都

作品名:卒乳日記

氏名:佐藤 千恵(さとう ちえ)
年齢:28
居住地:東京都

作品名:fly a way

氏名:水井 翔(みずい かける)
年齢:22
居住地:広島県

作品名:おつかれおやすみ、ゆめ子。

氏名:スズキ ハルカ(すずき はるか)
年齢:23
居住地:東京都

作品名:HINODE

氏名:新山 哲河(にいやま てつか)
年齢:36
居住地:神奈川県

作品名:abbau

氏名:大須賀 政裕(おおすか まさひろ)
年齢:34
居住地:千葉県

作品名:Worm

氏名:中嶋 洋介(なかしま ようすけ)
年齢:22
居住地:岐阜県

作品名:Cactus play

氏名:鈴木 博識(すずき ひろのり)
年齢:22
居住地:奈良県

作品名:oiL

氏名:西澤 周平(にしざわ しゅうへい)
年齢:24
居住地:東京都